ガジェット

【ガジェット】今、選ぶべき格安SIMはLINEモバイルで決まり!!SNS依存症には特にオススメする理由とは!?

家電量販店に行って、スマホの担当者が近寄ってくると元同業者の性で色々と聞いてしまう私です。

色んな格安SIMを使ってきたのですが、LINEモバイルの安定感が凄いなぁと感動したので紹介したいと思います。

それぞれの人の生活環境や使用状況によって、ベストな格安SIMの選択も変わってくると思います。

「絶対にLINEモバイル以外アウト!」ってわけじゃないので、自分の用途にあってるかどうか…あくまで私の視点でみたものをレビューしていきたいと思います。

格安SIMって何?最近よく聞くけど何がなんだか理解できない…。

主要キャリアと呼ばれている三社「Docomo/au/Softbank」は自費で基地局やアンテナを設置・メンテナンスなどを行っている為にその費用は毎年膨大にかかっています。

【基地局を設置するまでの流れ】

  1. 電波が届かない場所の解析
  2. 設置場所の選定
  3. 基地局を設置する場所の交渉
  4. 基地局を設置
    (ここでも基礎工事~組み立て~電気通信工事などたくさんの作業が発生する)
  5. 定期的な点検・保守作業【恒常的に行われる】

たった1箇所を設置するだけで、これだけの作業が必要ってことはどれだけの費用がかかっているのか…と思いませんか?

そもそも候補地となった場所があったらその土地所有者との交渉なども必要となります。

さらには基地局を設置するだけで、土地代を加味せずに約1000万円前後と言われており、

この費用については携帯の通信料によって賄われているのです。

すなわちこの維持費や設備投資費用も上乗せされてしまう為に、ユーザー側の通信料の設定が高くなってしまうのです。

格安SIMはその三社に「通信回線を借りる」形であるからこそ、通信設備への費用が無いことによって月額料金を安くすることができるのです。

(レンタル費用の方が保守や人件費より安いということがよくわかります)

大手キャリアの格安SIMに対抗した激安料金プランも!?

大手キャリアだって格安SIMばかり増えて困ってしまうので、だいぶ安いプランを出してくるようになりました。

しかし諸々の理由によって格安SIMと同じような価格で持つためには厳しい条件があります。

  • 毎月使えるデータ量が1GB未満
  • データ量については使った分だけ金額が上がっていく
  • かけ放題などは別途オプションで加入が必要
  • docomoとauは家族割、Softbankはおうち割光セットへの加入が必要

条件面を見るとなかなか難しいと思いませんか…?

それぞれのキャリアで最安値で使うために何が必要か、見ていってみましょう。

NTT docomo➖ギガライト 月額2,138円〜

最安値にする為の条件が2つ!!

①家族で合計3回線以上の契約が必要。

②月間データ量を1GB未満。

あかり
あかり
3回線はどうにかできたとしても…たった1GBはきつい…。

au➖新auピタッとプラン 月額2,138円〜

最安値にする為の条件が2つ!!

①家族で合計3回線以上の契約が必要。

②月間データ量を1GB未満。

あかり
あかり
docomoに追従した状態なのかな…?

Softbank➖ミニモンスター 月額2,138円〜

Softbank光などと契約する「おうち割 光セット」への加入が必要。

毎月2GB以上使う人はウルトラギガモンスター+(最安3,758円〜)を契約した方が安い。

大手キャリアとの圧倒的な価格の差がある格安SIM

  1. 月額料金が安くなる!!
  2. 大手キャリアのように付加サービスが多くはないので料金がわかりやすい
  3. 店舗に行かなくても契約が可能

ただしデメリットもあります、当然のことですが「通信設備を借りている」ので下宿人のような状態になるわけです。

ランチタイムや夕方〜夜間などのユーザー数が増える時間帯になると、大手キャリアよりも通信速度などが遅くなってしまうことがあります。

この辺は「そうだよね、私、下宿人だし、大家さんが風呂入ってるんだから今はそんなに洗面所の水は出ないよね」くらいの感覚で遅い速度でも待つのがいいかも。

毎月パケットが上限まで行ってしまうという方よりは、早いスピードでネットが出来るので遅い時間帯になったら「Wi-fi」を探して繋げるというのも一つの手かもしれません。

大手キャリアでの月々の料金の半額以下に…!!

現在の大手キャリアでの主流は、機種代金を分割払いで継続利用すれば月々割引が受けられるという金額設定がほとんどです。

この割引が無くなったらもったいないから…という理由で使い続ける方いらっしゃいますよね?

そもそも、基本料金や諸々の金額が高いで微々たる月々の割引が無くなっても安くなる場合も多いです。

ご自身の請求書を見て、どれくらいの割引額であるか確認してみてください。

そして格安SIMだといくら安くなるのか?その差額分が大きければ大きいほど、変更するメリットがあると言えます。

乗り換えのタイミングに悩んだ人は下記サイトに入力すれば、いつ乗り換えるとお得なのか確認することが出来ます。

LINEモバイルに変更するメリットとデメリットは?

  1. LINEのID検索などができる年齢認証可能
  2. 3キャリア全ての通信帯域を持っている
  3. LINEを含むSNSが使い放題になるプランがある
  4. 最安ワンコイン〜料金が安い

しかも現在なんと夏のセールを行っていて、月々の使用料金がかなり安くなります!!

これ、絶対オススメ♪

LINEモバイルの3つの料金プランから最適なものを選択しましょう。

まず自分の月々の通信量はどれくらいなのか、請求書などで確認してみてください。

では、見ていきましょう!!

LINEフリープラン:LINE使い放題で月々1GB以下の方向け

この料金プランは一番安く加入することができて、とにかく番号とたまにインターネットを使いたいだけという方にはオススメなのですが、1GBしか容量が無いのでインターネットも使うとかLINE以外のSNSも利用する方にはオススメできません。

ほとんどネットしないよっていう高齢者の方などにはいいかも!?

  • 音声通話SIM 1GB 1,200円
  • データSIM(SMS付) 1GB 620円
  • データSIM(SMS無) 1GB 500円

個人的に最安値を狙いたいのであれば、音声通話アプリを入れてデータSIMで稼働でも問題ないのではないかと思います。(着信専用でしたら…ですが)

コミュニケーションフリープラン:LINE/Facebook/Twitter/Instagramが使い放題

私はコミュニケーションフリープランの3GBにしています。

どれだけSNSでパケット代を使ってたんだろう…と思うくらい、パケット代が余っていてびっくりです(汗)

MUSIC+プラン(コミュニケーションフリー+LINEMUSIC)

音楽の聴き放題サービスを利用したい方はこのプランがオススメ!!

LINE MUSICまで利用できるというお得プランです。

LINEモバイルをオススメする3つの理由

①支払い方法がLINE Payにできる

ポイントも貯まるし、日常的にLINE Payを使ってる方ならここから引き落とされるのって便利ですよね?

支払期日に自動で引き落とされるので、チャージを忘れないように!

②SNSの料金を気にしないで使えるからSNS依存症にはオススメ!

月末になるとパケットが足りなくて重い…そんなことが全く無くなりました!

LINEモバイルによると、一般の方のSNS使用量は通信料全体の30%くらいに当たるそうです。

これでこれからはSNSについては画像も動画も見放題!!

③端末も分割払いで購入することが出来る

会社によっては端末を自分で用意しなければならないということも多くて、詳しくない人にはハードルが高いものでもあります。

LINEモバイルだと大手キャリアと同じように分割払いで端末購入をすることができます。

保証などのサービスもあるから安心!!

LINEモバイルをオススメする理由

  1. 支払い方法がLINE Payも選べる
  2. SNS料金を気にしなくていいからSNS依存症でもパケ死しない
  3. 端末のセット販売があり、分割で購入可能!
あかり
あかり
スマホが欲しいの理由に、LINEがしたいという方も多いですよね!LINEでは画像や動画も気にせずに送れるのでオススメです。

お申し込みは下記よりどうぞ~♪