ついに最終章!『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』2019年SWを見た時に役立ったこと【ネタバレ無し】

エンタメ
スポンサーリンク

2019年12月20日(金)長きに渡り続いてきた、暗黒面(シス)との戦いにも終止符が打たれることとなりました。

ダース・ベイダーってショッカーの親玉でしょ?
ライトセーバーってペンライト振り回してるんでしょ?
(もう違うことくらいわかってます…ごめんなさい…)

そんなことを思っていた私も、2019年にSTARWARSデビューを果たしまして、全シリーズ制覇させていただきました。
どのタイミングでフィナーレを迎えるかを悩んでいるところです。

「スターウォーズ面白いじゃん」そう思ったからこそ、見ようとした時に悩んだことなどから、まとめてみました。

スターウォーズの謎:過去作品はどうやって見れば安く見ることができる?

スターウォーズ過去作品を安く見る方法:U-NEXT


31日間無料トライアル体験に登録すると、1,990円のサービス料が無料で使えるだけでなく、600円分の U-NEXT ポイントも付いてきます。

この無料ポイントでスターウォーズ過去作品を見ることができます。

その上、見放題動画 130,000 本、動画レンタル 20,000 本を配信!

年末年始、番組が面白くない…そんな方は特にオススメ、試したことの無い方は一度入ってみるといいかも。

ちなみにタブレット・PC・テレビなどなど、色んな場所で見ることができます。

>U-NEXT公式ページから無料体験してみる

本ページの情報は2019年12月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

スターウォーズ過去作品を安く見る方法:Amazonビデオでレンタル‼

レンタルDVDで借りずとも家で見ることができるいい時代!
Amazonだと1話200円程度でレンタルできます♪

通常のレンタルと同様にレンタル期限があるので、そこだけは気をつけてくださいね♪

Amazonでビデオレンタルする

スターウォーズ過去作品を安く見る方法:ゲオ宅配レンタル



ゲオの宅配レンタルだとクリスマスの12月25日まで、1作品55円!?
とっても…破格のキャンペーンなので、すぐに申し込んでレンタル推奨!!

>>>ゲオ宅配でレンタルする

スターウォーズの謎:見る順番がそもそも不明。

色んな論争があるようなので、とりあえず私のおすすめ順(しかも早く今回の最終章が見たいという設定)でいきます。
反論がある方もいらっしゃるでしょう、大いに結構です。
あくまで私が見切った上でのベストと思う順番となります。

エピソードの詳細はなく、雑学的なもので構成してますのでネタバレはありません。(主人公は書いてます…w)

まずは1話目:1977年に公開『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

この映画で特筆すべきことは、何よりあのジョージ・ルーカスが多忙で入院しながらも、必死で作り上げた1作目の作品なのです。
スタッフなどの制作陣を含めて、関係者には理解されなかったもののスピルバーグだけがこの映画を評価したそうです。
そして、当時大ヒットすると思われていたスピルバーグの映画『未知との遭遇』と印税の交換をルーカスから発案し、お互いに2.5%の収益を交換、スピルバーグは現在もこの印税収入を得ているというなんとも夢のある話!
ちなみにこの撮影終盤、、、主人公であるルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)が交通事故により、鼻と左頬の骨を折ってしまった。
そんな困難を乗り越えての大ヒット、恐ろしい…。

ちなみに有名なドロイドC-3POとR2-D2は、なんと黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』に登場する2人の百姓がモデルになってるとか!!

2話目:1980年に公開『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

この作品はスタッフ・出演者共に波乱万丈な中で撮影されたというのが驚きます。
撮影をスタートするはずだったスタジオで火災により、海外ロケからはじめなければならなかったり、撮影中に吹雪にあい凍傷などの危険性と隣合わせの撮影や、重要なスタッフが病気などで代役が必要となるなど多くのトラブルを乗り越えた上で公開を迎えたのです。
宇宙空間を抜けるシーンで、岩石などに混ざって本物のスニーカーやじゃがいもなどが飛んでるなど、ちょっとしたスタッフの遊び心を垣間見ることもできたり…。

この作品ではネタバレを防止するために、出演者や関係者にも徹底していた為に、試写でデヴィット・プラウズ(ダース・ベイダー)は初めて本当のセリフを知り、椅子から転げ落ちるほど驚いたそうです。

3話目:1983年公開『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

当初、スティーブン・スピルバーグが監督を務めるはずだったというこの作品。(実際には人間関係のトラブルに寄って叶わず)
動物好きには「イウォーク族」がたくさん出てきてめっちゃ可愛いので、癒やされます。

4話目:1999年公開『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』

アナキン・スカイウォーカーを主人公となる三部作の第一章。
ファントム・メナスは日本語で「見えざる脅威」という意味。
ちなみにジョージ・ルーカスはスターウォーズエピソード4で引退していたが、この作品で22年ぶりに監督に復帰した。

ジョージ・ルーカスはエピソード4を執筆している時点で、この作品の物語が壮大であることを実感し、続編が作れるような形で執筆していたそうです。
多くの自分自身のアイデアに魅了され、ルーカスはスター・ウォーズを続ける為に映画界に舞い戻ったというなんとも素敵エピソード!

5話目:2002年公開『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』


三部作の中間であるエピソード2。
長編映画では初めて全編に渡ってHD24Pというジョージ・ルーカス発案の新方式のデジタル撮影方法にて、撮影された。(この映画の後、HD撮影は仮面ライダーシリーズやHERO、トランスフォーマーなど多数の映画やドラマなどでこの技術を採用しました)
このため、人間が出演するシーンは全てグリーンバック合成が行われたそうです。

6話目:2005年公開『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

三部作の完結ということもあり、公開を待ちわびてた人も多かったというエピソード3。
なんとアメリカでは平日に一般公開だった為に、仕事を休んで映画館に行く人が続出したため、アメリカ経済的にはかなりの損失を与えたという話もあったり…(私もこの時ハマってたらきっと同じ行動に走ったと思う…)

7話目:2016年公開『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

これはかなり名作…スターウォーズ作品の中でもトップ3を争う大好きな作品。
アナザーストーリーと言っても、スターウォーズ作品と甲乙つけがたいストーリー性やロマンを感じるシチュエーション。
また、次世代のために…踏襲すべきものの為に戦うという。
これは、涙なくては見られないと思うのでタオルを持って見てほしい作品です。

8話目:2015年公開『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』

レイが主人公の三部作第1章のスタートとなる今作。
ジョージ・ルーカスから「ルーカスフィルム」を購入したことにより、ここからはジョージ・ルーカスが総指揮からも離れてしまっています。
ディズニー路線・・・、ちょっとキャッチーな感じにはなってるかも。

9話目:2017年公開『スター・ウォーズ8/最後のジェダイ』

なんとこの作品がレイア(キャリー・フィッシャー)の遺作となってしまいました。
しかしながら、公開後の批判意見も多かったことで知られています。
ディズニーが関わったことで増えたファンと、旧知のファン…それぞれ想いが異なるのだろうと感じました。

私…は、自分の好きな人が…なので、うん。
号泣しましたね…スターウォーズ展でも泣きました。
夢をありがとう。

番外編:ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

ハン・ソロとチューバッカの原点となる作品!
Game of Thrones好きにはエミリア・クラークがヒロインということも見逃せないです。

この作品は私の中ではアナザーストーリーなので、番外編としました。

初心者にオススメなスターウォーズを更に深く知る方法

2020/1/13(月)まで、りんかい線「天王洲アイル」駅から徒歩4分の寺田倉庫にて「STARWARS IDENTITIES」という展覧会が開かれています。
様々な映画に使われた実際の小道具、衣装などなど実物を見れるのはこれが最後!!
私も行ってきたのですが、めちゃくちゃ楽しかったです。

原画やラフなど、ジョージ・ルーカスがどう思ってこの世界観を作り上げたのかが覗くことができます。
何も知らなかったので、全てが新鮮で面白かったですねぇ。
もう一回くらい行きたいぞ…。

STARWARS最終章、見に行ったらどう思うのか、私自身も楽しみ。
どんな世界が待ってるのか、期待しながら…ちょっと寂しいぞ。

あなたがSTARWARSを楽しめますように。

タイトルとURLをコピーしました